朦朧染

Home >朦朧染&ART

 2010年マークエステル氏が高橋肇を訪れ自身の作品を着物にしたいとの要望から生まれた特別コレクション。
氏の油絵にて滲みを出すという日本画に通じる技法と朦朧染がマッチした他には決して無い作品。
中でも日本神話シリーズは日本人の文化、歴史感性等を氏の壮大な世界観で表現し見るものを引き込む作品郡

マークエステル、本名マーク・アントワーヌ・スキャルシャフィキ。 氏は800年続く名門の出身である。スキャルシャフィキ家の起源は祖先がドイツからイタリアのジェノバに移り住んだ12世紀の初頭にさかのぼる。同世紀半ばにローマ法皇から貴族に列せられた。
マークエステルは1943年2月26日、パリに生まれる。 1945年、両親が「バナヌレイホテル」を開業した南フランス、エズ・ボード・ドゥ・メールに家族と移り住み、1951年に「ル・カップエステルホテル」が新しく開かれてからは一家で同ホテルに居住した。
カップエステルとは「星の岬」の意味。ホテルはニースとモンテカルロの中間、紺碧の地中海に面したコート・ダジュールの海辺に突き出た岬の断崖に建つ。壮大で絵のように美しい周辺の景観がマークエステルの芸術に寄せる強い憧憬にインスピレーションをあたえる源泉となったに違いない。
 彼は誠実を重んじると同時に大らかで自由な家風の中で育った。 また、このホテルに滞在する客は世界中のそうそうたる名士が多く、家族的なホテル内で自然に客たちと親しく交わる特異な雰囲気の中で育った。米国大統領だったケネディ家の人々、フランス大統領ポンピドー一家、ポール・ヘンリー・スパーク、映画俳優ではローレンス・オリビエ卿、デビッド・ニーブン、チャーリー・チャップリン、グレタ・ガルボ、アンソニー・クイン、アラン・ドロン、ジーナ・口ロブリジッダ、ベガム、更にモナコの故グレース王妃といった特別の人々もマークエステルにとっては青春時代のごく親しい存在であった。近くに住んでいた世界的画家マルク・シャガールとも個人的な知遇を得る。このような特殊な経験が氏の将来の人生展望に大きな影響をあたえたことは間違いない。